日々、なにげに繰り返す暮らしの中の「食」をもっと愛でることができたら、それはとても幸せなこと。

料理を、家事という言葉ではなく、毎日を心豊かに過ごす「しぐさ」にしたい。

毎日使うものだから、理屈っぽくならない道具や器で、ごく自然に、手に取って使える「使い勝手の良いもの」を

「日常茶飯器」として伝えます。

 

2020年11月 発売予定